OrthoGraph
CAD エクスポート

作成されたOrthoGraphプロジェクトへのCADエクスポートの可能性

アンドロイドアプリケーションにて作成されたOrthoGraph平面図

OrthoGraph I ― 平面図調査システムにて建築物調査が行われた際の最も重要な質問は常に、この作成されたプロジェクトをその後、どのようにして展開してゆけるのかという事です。このページには、OrthoGraph I アプリケーションにて利用可能である全てのCADインテグレーションがまとめてあります。

最も単純な方法として、作成されたプロジェクトをIFCやDXF形式にてエクスポートする事が挙げられます。これは、プログラムの使用において無料で与えられる可能性です。エクスポートされたデータは、その後のArchiCADやAutoCAD、Solibriといったプログラムにおける利用の為に、emailや Dropbox、Boxを通して、パソコンに送信する事が可能です。

まだOrthoGraph I アプリケーションをお持ちでない場合は、こちらをクリックしてご購入が可能です。

OrthoGraph I™ 独自のIFC出力フォーマット

OrthoGraph Iにて作成されたプロジェクトは、調査に使用された機器から、直接IFC 2×3フォーマットにて保存が可能です。国際基準に基づいたIndustry Foundation Classes (IFC) ファイル形式の行き来を、異なるソフトウェア間に提供し、利用によって、ファイル転送の際のデータ紛失を最低限に抑える事が可能です。OrthoGraph I は、建築物のロジック構造を、測定されたプロパティ、壁、窓やドアと共に、IFCフォーマットにて一つの3Dモデル内に保有しています。

OrthoGraph Iにて作成されたIFCファイルのほどんどはCADシステムにインポートが可能です。これらの可能性について、幾つかの重要なリンクは下記のとおりです。

Verctorworks へのIFCインポート

RDF viewerへのIFCインポート

Solibri Model viewer へのIFCインポート

BricsCAD へのIFCインポート

OrthoGraph I 独自の DXF 出力フォーマット

OrthoGraph Iは、直接iPadからDXFファイルを作成します。この後、CADでの利用を目的として、DXFファイルをemailにて送信、もしくはDropboxにアップロードする事が可能です。これらの2次元の平面図は壁やドア、窓、家具を含んでおり、これらの大きさもエクスポートされます。全ての部屋と測定値は個別のレイヤーとしてエクスポートする事が可能です。これによって、DXFフォーマットを読み込むAutoCADやその他のCADシステムにおける設計を簡単なものとします。

AutoCADへのDXFインポート

2020 DesignへのDXFインポート

VectorworksへのDXFインポート

DGWへのDXFインポート

BricsCADへのDXFインポート

SpiritへのDXFインポート

OrthoGraph Iの使用によって、空間での測定の正確さや欠落データの為に起こりうるプラスの作業を回避する事ができます。また、これらのミスの為に改めて空間に戻る必要が無くなるため、明らかな時間と資金を削減する事が可能です!

OrthoGraphをすぐに試してみましょう
Paste your AdWords Remarketing code here

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies. more information

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close